• カートに商品がありません。

    現在の中身:0点

BRAND PROFILE

長き歴史と美しい景観から生まれるワイン

アッバツィア醸造所は、北イタリア、ピエモンテ州の村「サント・ステファノ・ベルボ」にあります。

この村は、ピエモンテ州の中でも屈指の銘醸地である、モンフェラート、ランゲ、ロエロ地区の中にあり、どこまでもなだらかに続く丘の上に、雄大に広がる葡萄畑と大自然が調和した、息を飲むほどに美しいパノラマが広がっています。

「アッバツィア=大修道院」は12世紀のベネディクト会修道院に由来します。
村の人々を支え、救い、心を寄せられる場所として存在し、多くの修道院や寺院、教会と同じく、その活動の中でワイン造りも行われてきたものと思われます。
そしてこの場所は9世紀頃に建てられたジュピター神殿の跡地であり、建物の内部には南ピエモンテで最古と言われる、神話の動物とモスカートブドウの収穫を表したレリーフが、大切に保存されています。
この地のワイン造りがどれほど古い時代から行われてきたのか、その歴史を物語っています。